試合当日に良い食事

少年サッカーでは試合当日の朝、緊張したり、寝坊したりなど食事をほとんど摂らないという場合もよくあります。
そのため、試合の直前になって、お腹が空いてしまったり、消化の悪いものを食べてしまうというケースもみられます。
一生懸命練習してきたのですから、ぜひ試合ではいつも以上のちからが発揮できるようにしたいものですね。
では、試合の当日はどのようなものを食べたり、いつ、どのタイミングで食事をしたら効果的なのでしょう。

スポンサーリンク
soccer-likeレクタングル大

カーボ・ローディングの試合当日の食事1

ご飯とおかずという通常の食事を摂る場合は、試合の3時間前までに済ませましょう。
内容は、ご飯にイモ類の入った
お味噌汁、ハムエッグかオムレツなどのおかず、また、パスタやパンならば、イモ類を加えたサラダやスープを一緒に
摂ると効果的です。
さらに、クエン酸をプラスするとグリコーゲンの蓄積が効率よく行われるので、柑橘系のフルーツや
オレンジやグレープフルーツなどのジュースをプラスしたりご飯に梅干しを添えたりするのも大変効果的です。

カーボ・ローディングの試合当日の食事2

少年サッカーでは、いくつもの試合が同時に行われたり順に行われることもありますし、時間を置いて2試合目がある
場合もあります。
朝食を摂ってから、時間が空く場合はさらに試合の一時間前に、捕食を摂るようにしましょう。
メニューは、消化のしやすいもので、おにぎりや、あんぱん、バナナなど、食べた後に走ってもお腹が痛くならないような
分量で、少なめにするなど調節して摂りましょう。
試合の直前は水やスポーツドリンクなど吸収の早い水分を
たっぷりと補給しておきます。

スポンサーリンク
soccer-likeレクタングル大

soccer-likeレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする