ゴールキーパー

少年サッカーでは8人の場合がありますが、ゴールキーパーは11人のチームの中で唯一、ペナルティエリア内において
手でボールを扱うことのでき、ゴールにボールを入れさせない役割のポジションで、スウィーパーの要素も求められます。
また、バックパスが禁止になったため、足でボールを扱う能力も必要で、全体を見渡せるポジションにあります。
そのため、ゲーム全体の動きを把握する頭脳と、判断力も求められる、実はオールマイティプレーヤーと言っても
過言ではないポジションです。

スポンサーリンク
soccer-likeレクタングル大

少年サッカーにおけるゴールキーパー

少年サッカーでももちろん、ゴールキーパーというポジションは必要ですが、ボールが自分に向かって飛んでくる
恐怖感を無くすことや、トラップの練習、コートやチーム全体の動きが見えるというポジションですので、少年サッカー
では、はじめは全員が経験すべきポジションと言えます。
ただし、突き指や、イメージによるムリなダイビングキャッチなど
ケガをしやすいことも考慮して、チーム全員がドリブルシュートを順に打つのを受け止めるというのをワンセットとした
練習方法を順に行うという程度のものが理想的でしょう。

ゴールキーパーの練習方法

ゴールキーパーは、相手のシュートに対する柔軟なからだ作りが大切です。
ケガを防ぐためにも普段からストレッチを
するよう心がけていましょう。
少年サッカーでも実戦で必要な、バントキックは、手でボールを投げるよりも遠くに
ボールを飛ばすことができるキックですので、少年サッカーでのゴールキーパーの練習方法としては、PKを想定した
練習の際に、ボールを返すときは手でボールを遠くに投げる練習とともに、バントキックで正確に見方にボールを
パスできるようにする練習方法が効果的です。

スポンサーリンク
soccer-likeレクタングル大

soccer-likeレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする