ディフェンダー

ディフェンダーのポジションは、大きくセンターバックとサイドバックのふたつに分けることができます。さらに、センターバック
には、相手のフォワードを1対1でマークして自由にプレーをさせないことを役割とするストッパーと呼ばれるポジションと
特定のマークを持たずにストッパーが抜かれたときのカバーリングや、相手ミッドフィルダーに対する守備を行うスウィーパー
と呼ばれるポジションがあります。また、サイドバックはミッドフィルダーのウイングと似た役割で、両方のポジションを
こなせる選手が多いのも特徴です。

スポンサーリンク
soccer-likeレクタングル大

守備だけじゃない

ディフェンダーは、少年サッカーにおいて、フォワードやミッドフィルダーなど花形のポジションよりも、地味に思われがちな
ポジションですが、実はディフェンダーの役割は、ただ単に守るだけではありません。最終ラインからのゲームの組み立てを
行うことがあったり、空中戦で競り勝ったり、激しいタックルで相手からボールを奪うプレーをするなど、背が高かったり
そうでなくとも身体能力の優れた選手が起用される重要なポジションでもあります。

ディフェンダーの練習方法

ディフェンダーの中でもストッパーのポジションは、徹底的に相手のフォワードをマークして、自由にプレーをさせないことが
役割ですので、フォワードのポジションと組んでマークをする練習方法と、他のディフェンダーとのセットプレーの練習方法が
効果的です。また、サイドバックの練習方法も、他のディフェンダーと組んでセンターバック二人とサイドバック二人の
4対4の実戦形式での練習方法が非常に効果的です。スウィーパーに関しては、いつでもカバーリングできる体勢と
スイッチバックがスムーズにできる練習を行うとよいでしょう。

スポンサーリンク
soccer-likeレクタングル大

soccer-likeレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする