ドリブルのテクニック

ドリブルには、有名なサッカー選手が生み出した、いくつかのテクニックがあります。
少年サッカーでは使われることは
まず稀ですが、ひとつ、自分が好きな選手の技や、できそうな技、得意なものを作れることによって、サッカーを
より楽しむことができたり、また自分にあったドリブルテクニックを覚えて得意技にすることで、さらにサッカーセンスを
磨くことにもなります。
ドリブルテクニックには異なる技術が必要とされていますので、自分はどういったテクニックが
向いているかを知るのもドリブル上達のためには良いでしょう。

スポンサーリンク
soccer-likeレクタングル大

シザーズ

ドリブルのテクニックには様々な種類がありますが、有名なドリブルテクニックのひとつとして、シザーズ=またぐ
というものがあります。
ボールをまたいで相手の体のバランスを崩させて、そのすきにドリブルで抜いていくという
テクニックです。ボールをまたぎながら、相手のディフェンダーとの距離を縮めてフェイントをかけますが、小さく
またげば、ドリブルのフェイント、大きくまたげば、パスやシュートのフェイントになります。
少年サッカーでの練習方法
では、相手との距離が離れすぎていると、すぐに体勢を持ち直してしまいますので、距離感に気をつけることが大切です。

ルーレット

有名なドリブルテクニックのひとつとして、もうひとつルーレットと呼ばれるテクニックがあります。ルーレットとはフランス語で
小さな輪を意味します。
テクニックの方法は、ドリブルして相手のディフェンスに近づいたときに、足の裏でボールを止め
体を半回転させながら後ろを向いて、ボールとディフェンダーの間に自分の体を入れます。
このとき、ディフェンダーに
自分の背中が向くようにして、ディフェンダーからボールを隠すようにします。そして、そのままボールを引き寄せながら
もう半回転して、ディフェンダーを抜き去ります。

スポンサーリンク
soccer-likeレクタングル大

soccer-likeレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする