ヘディングトラップ

少年サッカーでのトラップの練習方法では、トラップする体の面積の大きい、胸トラップとモモトラップから練習する
のが良い練習方法です。
また、少年サッカーの実戦やプロのサッカーの試合でも、多く使われているのが胸トラップと
モモトラップのほかに、ヘディングでのトラップがあります。
これは、ボールを当てる体の面積としては、胸などに比べて
大きくはありませんが、飛んでくるボールをしっかりと見る練習にもなりますので、少年サッカーでのトラップの練習方法
では、多く取り入れたほうが良いトラップ方法です。

スポンサーリンク
soccer-likeレクタングル大

ヘディングトラップの正しいやり方

ヘディングトラップは、ボールを当てる体の場所は、おでこです。ボールが落ちてくる場所に体を移動して、ボールの
中心=芯をおでこに当ててボールを受け止めます。
ヘディングのようにボールを跳ね返してしまわないように
ボールを少しはずませる程度におでこを当てます。
ボールが跳ね返ってしまったり、自分の後ろのほうへボールが
飛んでいってしまわないように、しっかりとボールを見て、キックやパス、シュートなど次の動きにつなげられるように
ボールを落とします。

ヘディングトラップの練習方法

飛んでくるボールをしっかりと目で確認しやすいヘディングトラップですが、少年サッカーでよくある失敗は、慣れないと
どうしてもボールが当たる瞬間に目をつぶってしまい、ボールを逃してしまうことです。
少年サッカーでの練習方法は
はじめは、地面にバウンドさせたボールをヘディングする練習をして、おでこのどの部分でボールを当てたらよいのか
また、首や体をどのように使うとボールの勢いを吸収できるのかを感覚としてつかむ練習方法が良いでしょう。

スポンサーリンク
soccer-likeレクタングル大

soccer-likeレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする