ジャンプでの胸トラップ

プロのサッカーの試合でも、少年サッカーでも胸トラップはよく使われるトラップですが、実際には自分が立ち止まって
いるところにすんなりとボールが飛んでくる場面はあまり見られません。
胸トラップの練習は、トラップの基本を
確実に覚えるためには、必ずと言って良いほど何度も繰り返して練習したほうが良いものですが、基本の胸トラップ
ができるようになったら、今度は実戦で多く使われる、ジャンプでの胸トラップの練習をしましょう。

スポンサーリンク
soccer-likeレクタングル大

ジャンプでの胸トラップの正しいやり方

ジャンプでの胸トラップは、ボールを当てる体の場所は胸トラップと同じ、左右どちらかの鎖骨のしたあたりです。
ただし、ジャンプしてトラップをするので、飛んでくるボールにタイミングをあわせて、両手を上にあげてジャンプします。
このとき、両足は肩幅くらいに広げてジャンプして、体のバランスを保つようにしましょう。
少年サッカーではよく
ハンドをしてしまう場合や、タイミングを間違えてボールを敵に取られてしまう場合が多くありますので気をつけましょう。

ジャンプでの胸トラップの練習方法

少年サッカーでのジャンプでの胸トラップの練習方法は、まずはじめは二人一組で、相手にボールを軽く投げてもらい
ジャンプしながら、ボールを胸に抱えるように手でキャッチする練習方法が良いでしょう。
だんだんと感覚がつかめて
きたら、正しいジャンプでの胸トラップでボールをトラップする練習をします。
トラップする体の場所や、ジャンプする
タイミングがつかめてきたら、相手との距離をだんだんとあけていき、軌道の長いボールを投げてもらったり
キックでパスをしてもらって、しっかりと体の前にボールを落とせるように練習しましょう。

スポンサーリンク
soccer-likeレクタングル大

soccer-likeレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする