クロスヒールキック

クロスヒールキックは、ヒールキックの応用とも言えるキックで、非常に高度なキックの方法です。
少年サッカーでこのキックを見られることはほとんど無いとも言えますが、こういったトリッキーな技をしっかりと
身に付けると、レギュラー争いではポイントが高くなることもあります。
ライバルと足の速さも、キックの強さや
正確さや、試合全体を見渡すことのできる視野などで拮抗している場合には、こういった小技の利く選手も
重宝がられることがあるのです。

スポンサーリンク
soccer-likeレクタングル大

クロスヒールキックの正しい蹴り方

クロスヒールキックは、その名の通り、ヒールキックを、足をクロス=交差させてキックするというものです。
ヒールキックと同じように、実際にパスを出したい方向と違う方向にパスを出すことができます。
また、パスをする
相手がシュートをするときや、フリーでセンタリングをするときに非常に有効なパスです。
クロスヒールキックを蹴る
ときは、ボールを蹴らないほうの軸になる足のひざのチカラを抜き、蹴るほうの足を前に振りかぶって、足首を
固定する感じでかかとでボールの中心を蹴ります。

クロスヒールキックの練習方法

クロスヒールキックの最大の魅力、威力はドリブルをして進んでくときに、主に二対一で相手と対した場合
相手の逆をついて時間をつくれるというところです。
少年サッカーでの練習方法も、三人一組で行います。
上手くクロスヒールキックができた場合、相手は一瞬体重が逆に乗って反転するために時間がかかるため
パスを受けた選手に時間とスペースの余裕ができるので、シュートやセンタリングができるため、ゴール前での
練習方法が良いでしょう。

スポンサーリンク
soccer-likeレクタングル大

soccer-likeレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする