ヒールキック

ヒールキックは、ヒール=かかとで蹴るキックのことで、空振りしやすいため少年サッカーの実戦ではあまり
使われませんが、上達してしっかりキックできるようになれば、ドリブルで進んでいるのとは逆の後方へ
パスを出すことができるので、相手からボールを奪われる確率を軽減することができるキックです。
もちろん、正確にキックができなければ、空振りしてしまいますし、失点の原因にもなりかねませんので
まずは、正しいヒールキックの蹴り方と練習方法を学びましょう。

スポンサーリンク
soccer-likeレクタングル大

ヒールキックの正しい蹴り方

ヒールキックは、ボールを持って相手と対峙して止まっている時に使うのはあまり効果的ではありません。
もっとも効果的な使い方は、ドリブルで前に進んでいる途中で、フェイントとして使うやり方です。
蹴り方は、ボールを蹴らないほうの軸になる足で、一度小さくつま先でボールを蹴り、ボールが前に出た瞬間に
かかとで後方へキックします。フェイントとして使うことが多いキックですから、できるだけボールを見ずに
蹴るために、しっかりとボールがかかとに当たった感覚を覚えましょう。

ヒールキックの練習方法

少年サッカーでのヒールキックの練習方法は、まずボールをかかとで蹴ったときの感覚をしっかりと体で
覚えることからです。実戦でうまくフェイントをかけて相手をだませないと、すぐにボールを奪われてしまうため
ヒールキックは特に練習方法を色々考えないと、危険なキックとなってしまいます。チームで練習できるときは
三人一組となって、ひとりはドリブルとヒールキックを行い、もう一人が相手となります。そして、三人目の人が
ヒールキックをやる人の視線と体の向きと、キックのタイミングを確認してあげると良いでしょう。

スポンサーリンク
soccer-likeレクタングル大

soccer-likeレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする