トゥキック

トゥキックは文字通り、トゥ=つま先、足のつま先で蹴るキックのことです。
ボールを遠くに蹴り出したい
飛距離をかせぎたいときや、スピード感のあるキックですので、とっさの状況にもよく使われます。
また、少年サッカーではなかなか長距離のキックが難しいことも多いため、正確性には欠けるのですが
長距離のパスを出したいときや、ゴールキックなどでもよく使われているキックです。
では、インやアウトと違う
つま先で蹴る場合、ボールはどのように飛んだりするのでしょう。

スポンサーリンク
soccer-likeレクタングル大

トゥキックの正しい蹴り方

実は、トゥキックには正しい蹴り方というのはあまりありません。
蹴る場所、ボールに当てる足の場所が
つま先であること以外は、ボールを蹴らない軸になる足の位置や踏み込み方、蹴る前のバックスイングも
特に決まったものはありません。
しかし、他のキックに比べてボールと接する足の面がつま先という小さい面のため
逆につま先がボールに当たる場所によって、ボールにかかるカーブや、強さ、距離も変えることができます。
そのためボールのどこにつま先を当てたら、どのようなカーブでどのくらいの距離になるのか、練習することが
とても重要です。

トゥキックの練習方法

トゥキックはボールに当てるつま先の場所によって、ボールにかかるカーブや飛び方が変わってきます。
まずは、ボールのどこに、どのくらいの角度でつま先当てたら、どんなカーブがかかるのか、どのくらいの
バックスイングで蹴るとどのくらいの距離が出るのかを何度も練習して覚えましょう。
この練習方法はひとりでも
できますし、練習方法としては、上達すればコーナーキックでも正確に長距離のキックを使うことができるので
それを想定した練習方法を行うことも大変効果的です。

スポンサーリンク
soccer-likeレクタングル大

soccer-likeレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする