アウトサイドキック

アウト=足の外側で蹴るキックなどのなかで、少年サッカーでもパス回しやフェイントなどのためによく使われるのが
アウトサイドキックです。
ボールを持ったときに、相手に自分がどちらの方向にボールを蹴り出すかを悟られない
ようにするときなどに、よく使われます。長距離のパスなどでも有効なキックですが、少年サッカーでは
なかなか長距離のアウトサイドキックは難しいので、アシストパスなどの、鋭く短いパスを出したいときなどに
グランダーパスとして使うのが効果的なキックです。

スポンサーリンク
soccer-likeレクタングル大

アウトサイドキックの正しい蹴り方

イン=足の内側のキックと違い、アウト=足の外側のキックなどは、ボールの中心=芯をとらえるというよりも
ボールにカーブをかけたり、ボールを浮かせたり、フェイントやスルーパスをしたいときに有効的なキックです。
蹴る場所、ボールに当てる足の場所は、足の小指の付け根あたりですが、インのキックよりもチカラが弱まる
傾向がありますので、途中でボールの勢いが落ちないようにしっかりと強く蹴って、自然に足を振りぬくという
ことがポイントです。

アウトサイドキックの練習方法

アウトサイドキックは、体の向きや視線の方向と、別の方向にボールを蹴ることができますので、少年サッカーでは
二人一組での練習か、実戦形式の練習方法が良いでしょう。
また、アウトサイドキックは相手に自分が
どちらにボールを蹴りだしたいかを見破られないように蹴ることができますので、アウトサイドキックの練習は
実際にボールを蹴る方向を自分が見てしまったり、体がそちらを向いてしまわないようにする
メンタルや頭脳面でのトレーニングにも最適な練習方法です。

スポンサーリンク
soccer-likeレクタングル大

soccer-likeレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする