インフロントキック

インのキックの中でも、少年サッカーの練習方法の中でやや高度なキックなのが、インフロントキックです。
フリーキックやコーナーキック、センタリングなどでよく使われるキックで、カーブをかけて浮き上がるようにボールを
蹴るキックです。
おおよそどのポジションでも非常に重宝するキックですから、チームで練習できるなどに
実戦形式の練習方法に取り入れて、自分がボールを落としたい、届けたいところに蹴りだすことができるように
正しいインフロントキックの蹴り方と練習方法を知りましょう。

スポンサーリンク
soccer-likeレクタングル大

インフロントキックの正しい蹴り方

インサイドキックも、インステップキックも、ボールの中心=芯をとらえて蹴るキックですが、インフロントキックは
ボールの芯ではなく、地面とボールの間に足を差し入れるような感じで、ボールを浮き上がるように持ち上げて
蹴るキックです。
蹴る場所、ボールに当てる足の場所は、足の親指の付け根あたりから足の甲の内側あたりで
ボールを蹴ります。
体はボールの真正面でなく、少し斜めから入る、スイングするようなイメージです。ボールを
蹴らない軸になる足はボールの横にしっかりと踏み込みます。

インフロントキックの練習方法

少年サッカーでのインフロントキックの練習方法は、やはり実戦形式で練習するのが効果的です。
特に、得点につながりやすいのでコーナーキックから、コンビネーションを使ってシュートをし、ゴールへつなげるという
練習方法が、より実戦にも役立ちますのでぜひ取り入れましょう。
また、同じくセンタリングでもよく使われる
キックですので、ゴール前に持ち込んだ前提で、センタリングからのコンビネーションシュートという練習方法も
非常に実戦で使うためのの経験には良いでしょう。

スポンサーリンク
soccer-likeレクタングル大

soccer-likeレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする