インステップキック・ハイボール

実戦の少年サッカーの試合でもよく使われるのが、足の甲でキックするインステップキックです。
地面を素早く転がっていく地面を這うようなグランダーの他に浮いたボールを、同じく足の甲で蹴る
インステップ・ハイボールというキックの方法というのがあります。
同じインステップキックでも、ボールを蹴りたい距離が違ったり、敵が近くにいる場合などに実戦で有効的な
キックです。
使い分けができるとプレーの幅が広がりますので、正しいインステップキック・ハイボールの練習方法
とはどういったものでしょう。

スポンサーリンク
soccer-likeレクタングル大

インステップ・ハイボールの正しい蹴り方

インステップキック・ハイボールでも、ボールの中心=芯をしっかりとらえてキックをすることが大切です。
蹴る場所、ボールに当てる足の場所は、グランダーと同じ、足首のすぐしたの甲の部分で靴のひもの部分
ですが、足を少し内側に傾けてけることで、ボールの芯をとらえやすくなります。ボールを蹴らない軸になる足
のほうは、グランダーと同じように自分がボールを蹴りたい方向へ向けておくことが基本です。
ボールを蹴るときは
上体を少し上向きに起こすようにして蹴ることでハイボールを蹴ることができます。

インステップ・ハイボールの練習方法

少年サッカーでは、他のキックの練習方法と同じように、相手のいるところ=ボールを蹴りたい方向が
決めやすいので、二人一組になって練習するのが良いでしょう。
一人で練習する場合も、ハイボールが
自分の蹴りたい角度に上がっているかどうか、確認しながら練習できるように、コーンなどある程度の高さの
目印を決めてやる練習方法が効果的です。
ボールを蹴るときは、上体を起こして足の甲をボールの芯に当て
そのまま自然に足を振りぬきます。

スポンサーリンク
soccer-likeレクタングル大

soccer-likeレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする