ボレーキック

ボレーキックのボレーとは、バレーボールのバレー=volleyと同じ意味で、バレーボールのように地面にボールを
着けないと言う意味で、地面にボールを弾ませないで蹴るキックのことです。
主に、シュートなどで使われることが
多いキックですが、これも相手からタイミングをずらすことのできる、フェイントにも使えるキックです。
ボレーキックが正確にうまくできるようになれば、シュートの成功率も上がりますし、レギュラー争いでは
前線で活躍できるチャンスにもなります。では、正しいボレーキックの蹴り方とはどういったものでしょう。

スポンサーリンク
soccer-likeレクタングル大

ボレーキックの正しい蹴り方

ボレーキックは色々な場面や、特にシュートでも威力を発することができるので、少年サッカーでもよく
練習方法に取り入れられているキックです。
浮いたボールを地面に落ちる前に蹴るために、タイミングを
つかむことがとても大切です。
蹴る場所、ボールに当てる足の場所は、インステップキックと同じ足の甲で
蹴る瞬間に足を斜めに寝かせてひざから下でスイングするように、あまりチカラを入れすぎないで素早く
コンパクトに足を振りぬきます。

ボレーキックの練習方法

少年サッカーでのボレーキックの練習方法は、浮いたボールを地面に落ちる前に蹴らなければなりませんし
自分からボールにタイミングを合わせに行くという練習が必要ですから、二人一組になって、交互にボールを
相手に投げてもらって練習するのが効果的です。
このとき、しっかりと相手にボールが帰るように、よく
ボールを見ながらタイミングを合わせるのがコツです。
あらぬ方向にボールが飛んでいってしまわないように
しっかりとボールをコントロールできるように練習しましょう。

スポンサーリンク
soccer-likeレクタングル大

soccer-likeレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする