モモキック

飛んでくるボールに対して、太ももで返すキックをモモキックといいます。
少年サッカーではあまり使われない
キックかもしれませんが、サッカーではハンド=手以外の体のどの部分でもキックができることで、自分の
プレーの幅を広げることができるようになります。
また、ヒールキックやクロスヒールキックなどと同様に、相手に
フェイントを利かせることもできるキックです。
体の色々な部分でのキックができるようになるために、まずは
モモキックの蹴り方と練習方法を学びましょう。

スポンサーリンク
soccer-likeレクタングル大

モモキックの正しい蹴り方

少年サッカーでは、リフティングの練習をしているとき、太ももでのリフティングをしたらひざのほうにボールが当たって
思ったよりもボールが飛んだという経験がある人もいるかと思います。
モモキックはその感覚と似ていて
蹴る場所、ボールに当てる足の場所は、太もものひざの関節に近い場所で、飛んでくるボールを、蹴るほうの
ひざを曲げて、足を少し後ろに引いてボールにタイミングを合わせて蹴ります。
ポイントにしっかりボールが当たれば
チカラをあまり入れなくてもボールが飛びます。

モモキックの練習方法

ひとりでできるモモキックの練習方法としては、リフティングに取り入れると良いでしょう。
太ももでのリフティングの
中で、数回に一回、ボールを当てる場所をひざ関節に近い場所にすることでモモキックになりますから、太ももに
当てる場合と、ひざ関節に近い場所に当てる場合の違いが分かりやすくなります。
また、少年サッカーでの
実戦形式では、シュートなどのキックの場面で、ひざから下で蹴ると思わせてモモキックをすることで、タイミングを
ずらすことができますので、そういったフェイント練習方法も効果的です。

スポンサーリンク
soccer-likeレクタングル大

soccer-likeレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする