少年サッカーで試合に出られない時に考える3つのこと

playful-828594_1280-min
一生懸命練習をしているのに試合に出られない。このような経験をしている人はいませんか?

今回は少年サッカーで試合に出られないときに今後どのように練習をしていくのかという考え方にふれてみましょう。

スポンサーリンク
soccer-likeレクタングル大

ステップ①武器はあるか?

あなたには何か武器がありますか?例えば足が速いとか正確なパスが出せるとか1対1のディフェンスが強いなど・・・。

まずは自分の武器を認識し、「個人トレーニング」としてスキルをさらに磨く努力をしていきましょう。

試合に出られないときはこの考え方が非常に重要です。

ステップ②監督のニーズに合致しているか?課題を解決しようとしているか?

どんなに武器になることがあっても、監督の求める能力に合致していない場合はもちろん試合に出られない確率は上がります。。

もちろん周りと武器がかぶってしまえば、より強力なほうがメンバーに選ばれてしまいます。

これは何も監督の言いなりになるというわけではなく、メンバーになるためには何かしらの課題が存在していると考えたほうがいいということです。

自分の課題は何ですか?

例えば私が教えていた子で1対1技術に非常に優れているものの自分のドリブルに必死で周りの子を活かせず、試合に出られない子がいました。

試合に出ようと頑張って練習していましたが、ひたすらに得意なドリブルの練習を続けていたので「○○君が今試合に出られない課題は何かな?一度考えてみよう。」

というアドバイスをしてみました。

すると彼は次の練習の日から自分に課題を与え、ボールタッチの練習以外は必ず3タッチ以内で周りを見てパスを出す習慣をつけて練習に臨んだのです。

結果彼はレギュラーの座をつかみサイドハーフとしてチームに欠かせない存在になりました。

ステップ③練習でパフォーマンスできているか?

なぜ彼は試合に出られるようになったか?

それは自らの課題を普段の練習に落とし込んだからです。

少年サッカーにおいて監督がもっとも長く選手を見る時間は練習時間です。

ここで彼は自分なりの解決方法に「実際に取り組んでいる」姿を見せられたからこそ結果をつかめたのです。

もちろん監督によって個人差はありますし、基本的な礼儀や遅刻をしないなど当たり前の事が伴っているということも重要です。

よくいう「監督に気に入られる」とはこういう姿勢や行動を指すのではないでしょうか。

あくまで監督に何もかも染まることが大事だとは思いません。

しかしはじめにも言いましたが、練習に勝るうまくなるためのチャンスはありません。

少年サッカーという舞台の中で、試合経験は非常に重要になってくるため、まずは試合に出られないときはどうすればいいのか?

考える習慣をつけていきましょう!

スポンサーリンク
soccer-likeレクタングル大

soccer-likeレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする