ドリブルでは負けない!足に吸い付くボールタッチ練習方法

football-1350775_1280-min サッカーでは、ドリブルで相手を抜く瞬間は気持ちのいいものです。

そんな時ボールタッチの技術が無いと蹴って走るだけになってしまいます。

足元の技術をトレーニングして、華麗なフェイントで魅了しましょう。


スポンサーリンク
soccer-likeレクタングル大




ドリブルには欠かせないドリル練習方法

ドリブルを練習する際に必要なものは、コーンやマーカーです。

これは、一般的な練習方法になってしまうのですが、まずはコーンなどを同じ間隔で置いてのジグザグなどの練習です。

こういった練習でも置き方や意識をはっきりと持つ事で、しっかりとした練習にも出来るのです。

ドリブルをしている際には、コーンのようにディフェンスは、止まった状態で待ち構えているということはありません。

相手も負けたくないという気持ちで、ボールを奪いにきます。

コーンでの練習もコーンの距離を長くしたり、短くしてみたりと色々工夫した練習が可能です。

また、1人でも練習出来る方法なので、まずはボールを思ったようにコントロールできるように体に伝えていきましょう。


ドリブルで際立つボールタッチをしよう

ボールタッチは、ボールをどれだけ自由に扱えるか?というのがポイントになってきます。

ドリブルをする中で、足の裏やインサイド、アウトサイドなど、足のあらゆる部分を思いのままに使いこなせることが必要です。

足の裏だけでのドリブルを練習するのもおすすめです。



フットサルでは、よく足の裏を使ってプレーしている選手を見かけますが、海外の選手であれば、小さい頃はフットサルをしていてサッカーに転向した選手というのをよく聞きます。

フットサルの技術ではありますが、もちろんサッカーでも足の裏を使ってドリブルすることもあります。

相手と向かい合った場合や、相手を背中に背負っている場合など、そのタイミングは数多く存在しています。

ボールタッチが上手になってくると、相手に簡単に奪われない技術を身に着けることができます。

様々な足の部分でのドリブル練習を取り入れてみましょう。


柔らかいボールタッチになる為に!

ボールタッチは、サッカーにおいて必要な技術です。

ボールを止めるときもボールタッチ、ドリブルする時もボールタッチなのです。

ここで、一つ意識のポイントです。

単純に足をボールに当てるようであれば、ボールは跳ね返ってしまいますよね。

でも、カーテンなどにボールを当てるとどうでしょう!?ボールの勢いは消されますよね。

ボールコントロールやボールタッチの技術力を上げるのには、こうした意識を持って自分がカーテンになっていると言う意識を持つだけで大きな変化が出るのです。

それに加えて、ボールを多く触るということは必ず実施していきましょう。

スポンサーリンク
soccer-likeレクタングル大




soccer-likeレクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする