メッシのドリブルの秘密を検証!近づくための方法とは?

team-of-young-footballers-1493006_960_720-min サッカー界で現在ドリブルが一番うまいのは誰でしょうか。



実績やプレースタイルから考えてバルセロナのメッシ選手がまず浮かんでくるのではないでしょうか。

メッシ選手のドリブルは世界有数のDFでもなかなか取れないのですがそこにはどのような秘密があるのでしょうか?



今回はそんなメッシ選手のドリブルの秘密を検証し、近づくための方法の第1歩を紹介していきます。


スポンサーリンク
soccer-likeレクタングル大




インサイドとアウトサイドのタッチの質

メッシ選手のドリブルの秘密の一つは派手な業ではなく、基本のタッチを極めるところまで極めているところでしょう。



得点につながるような積極的に中央を切り込んでいく際は利き足のインサイドとアウトサイドのタッチを細かく刻むことで足元にボールをしっかりと保持し、懐の深いドリブルを可能にしています。



実際メッシ選手のワンタッチでのドリブル距離はほかの選手よりもかなり小さな距離しかありません。



ですのでメッシ選手に近づく方法の第一歩はインサイドとアウトサイドのタッチを交互にどちらでも小さく、たくさんできるように練習していきましょう。

世界有数の選手に近づくためには数をこなすしか方法はありません。



まずはボールタッチの練習をするさいに聞き足のアウトサイドとインサイドタッチを交互に、できるだけ細かく行うように練習し、その後は特にアウトサイドでのタッチのみに条件を絞りターンの練習やボールをストップする練習をしていきましょう。



特にアウトサイドのストップは足の裏でのストップと異なり、ボールと相手の間に足が来るため、実戦ではまずボールを奪われることはないでしょう。


トップスピードで扱える技術

いくらインサイドとアウトサイドのドリブルが正確でもメッシ選手に近づく方法にはなりません。



そこからメッシ選手の秘密と特徴である「トップスピード」で細かいタッチができるようにならないといけません。

普段の練習から細かくボールをタッチする意識をしながら、自分のドリブルのリズムを変えていきましょう。



前述したボールタッチ練習もできるだけ細かく、早く、たくさんタッチできるようになってくると、相手の足が出てきた瞬間にボールの方向を変えたりということが自然にできるようになってきます。



少年サッカーにおいては、今後のサッカー人生においての基本的なプレースタイルを構築していきます。

メッシ選手のドリブルを目指すのであればできるだけ、早く、細かく、基本のタッチを正確に という3つの秘密を意識して練習を続けていくことが方法の一つではないでしょうか。

スポンサーリンク
soccer-likeレクタングル大




soccer-likeレクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする